FC2ブログ

山口県下関市の総合建設業「株式会社 野口工務店」スタッフブログ

野口工務店スタッフが日々の出来事を綴っています。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

i-house & h-house

2012年度も昨年に引き続き、「介護施設」や「マンション」、「事務所」や「住宅」等
皆様方にご愛顧いただき数多くの物件を竣工させていただいております。
誠にありがとうございます。

この10月は2つの住宅が竣工・お引き渡しとなりますので
今回はこれらをご紹介させていただきます。


まずはi-house。
i-house2012
こちらはモノトーン調のかっこいい仕上がりになっています。

内装もモノトーンを基調とした、シンプルかつおしゃれな仕上がりです。
お施主様のセンスの良さを感じますね。


次にh-house。
h-house2012
こちらは和モダン調の落ち着いた中にも洗練されたイメージの仕上がりとなっています。

このh-houseは普通の住宅とはちょっと違って
「介護住宅」というコンセプトをもとに創られた住宅です。

内装も木の温もりを感じるような明るい配色となっていて、
とても心落ち着く仕上げとなっております。

「介護住宅」って何?
と思われる方も多くいらっしゃると思いますので、
詳しいことはまた機会があればご紹介させていただこうと思います。

| 竣工物件情報 | 16:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「アーデント山の口」にアイドル誕生!?

竣工間近のアーデント山の口のお話です。
yamanokuchi1

yamanokuchi2

最近になって「あれ見たよ!」という声をよく聞くようになりました。

どうやら巷で噂になっているようです(笑)

うわさの「あれ」をご紹介する前に

ちょっとだけアーデント山の口をご紹介します。


屋上庭園
yamanokuchi4
夏にはここから花火も見えそうですね。

1Fの専用庭
yamanokuchi3
1Fのお部屋には専用庭が付いてます。

エントランスホール
yamanokuchi5
エントランスはおしゃれな感じに仕上がってますねぇ。


...とちょっとだけご紹介させていただきました。

各お部屋に関してはモデルルームで実際に見ていただきたいので

今回は外まわりのみのご紹介とさせていただきます。



ではそろそろ「あれ」のご紹介を。


その「あれ」は敷地の西側にあるビオトープガーデンの中にいます。


アーデント伊倉新町弐番館のアイドルは「亀」ちゃんでしたが(笑)

今回はなんと.....
yamanokuchi6

yamanokuxhi7
アヒルちゃんです!(笑)

しかも.....
yamanokuchi8
2羽!!(笑)

かわいいでしょー。

今では現場のH工事長にものすごーく懐いているようです。

皆様、お近くをお通りの際には是非アヒルちゃん達に会いに来て下さいね。

| 竣工物件情報 | 17:27 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アーデントクレイル黒石竣工!

久々に竣工物件のご紹介です。

この他にも数多く竣工させてもらったのですが、
ご紹介する間のないまま...久々のアップです。

今回ご紹介するのは「アーデントクレイル黒石」の外観。
kuroishi1

kuroishi2

kuroishi3

昼はこんな表情です。

アーデントクレイルシリーズは
アーデントシリーズの象徴であるレンガ色の二丁掛けタイル(レンガの 長手面と同じサイズ(22.7cm×6cm)のタイルのこと)
45二丁掛けタイル(寸法 が45㎜×95㎜のタイルのこと)
を使用したスタイリッシュな外観が特徴です。

kuroishi4

kuroishi5

夜はこんな感じです。

エントランスには凹凸のあるタイルを使用し、
うまく光を当てることで高級感が表現されています。

kuroishi6

「アーデントクレイル黒石」はお陰さまで完売とのこと。

今現在「アーデントクレイル黒石Ⅱ」の工事に着工しています。
 アーデントクレイル黒石Ⅱの情報はこちらまで→アーデントクレイル黒石Ⅱ

人気の地区だけに興味のある方はお早めにモデルルームまで行ってみて下さい!

| 竣工物件情報 | 15:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

リノベーション

電車で下関駅から九州方面へ向かう風景が変わったことに気づかれた方も多いかと思います。
私自身も学生の頃に電車で小倉に行く際には必ず見ていましたが、
下関に住んでいる人なら必ず1度は目にする風景だと思います。
before
この外壁補修工事は当初、昨年の7月くらいに企業のご担当者様より
建物自体は昭和30年代に建てられたもので、老朽化もかなり進んでいることから
外壁のタイルが下地から浮いている個所もあり、
落下の危険があるので外壁を早急に補修したいとお話がありました。

外壁の補修の方法はいろいろとありますが、
それぞれ工法によってかかる金額、長所と短所があります。
例えば、外壁にパネルを貼って囲う工法やタイルを撤去して補修する方法など様々です。

今回は何パターンかのご提案をさせていただき
最終的に下地から浮いているタイルをすべて撤去して塗装をする工法で
工事をさせていただくこととなりました。

その後は材料や工法等の打合せを積み重ねて今年の4月より工事に取り掛かりました。

足場の組み立て→タイルの撤去→打診調査→下地の補修→窓周りの補修→防水塗料塗布→足場の撤去
こんな流れで工事が進められました。

仕上がりがこれです。
after
このグリーンの塗料は一見普通の塗料の様に見えますが、
非常に高性能の塗料なんです。

今回の様に古い建物の補修工事の場合、一般的には防水性の高い塗料を使います。
もちろん外からの水を完全にシャットアウトすることが目的です。
ただ防水性能の一番高い塗料を使用すると透水性が全くない為に
中から外に出ようとする水ももちろん通さないため、塗料と建物の間に溜まってしまうんですね。

今回は食品工場であり建物内で大量の水を使用する為、
中で発生した水や湿気を幾分出す必要がありました。
そこで防水性も高く、透湿性のある塗料を使用することになりました。

水は通さず、湿気を通す?
そんなことができる塗料も今はあるんです。

4月より約5ヶ月間の工期となりましたが、
無事工事完了致しましたのも工務課の皆様の格別のご配慮と
また会社内、工場内で働かれている皆様や近隣の皆様のご協力あってのことと感じております。
この度は約5ヶ月間もの長い間大変お世話になりました。
また大変ありがとうございました。

noguchireno

「野口工務店=マンション」というイメージは未だに強いですが、
実は今年度は今回の工場以外にも唐戸のビルや上田中町の病院など
数多くのリノベーションの仕事や小規模のリフォームの仕事をさせていただいています。
建物を長く使う為には定期的なメンテナンスが非常に重要です。
建物も人と同じように定期的に診断しておくと、大きな病気も事前に回避できます。
早期に補修対応をしておくことで後に莫大な費用をかけずに済むことは多々あります。

簡易的な診断、お見積り、ご相談はもちろん無料ですのでお気軽にお問い合わせください。


| 竣工物件情報 | 09:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

稗田県営住宅20号棟完成

野口工務店・シモケン特定建設工事共同企業体として

平成21年3月より着工し、16ヶ月間におよぶ

「稗田県営住宅20号棟」の新築工事が完了致しました。

近隣のみなさまのご理解・ご協力、また工事関係者のご尽力のおかげで無事故、無災害で

無事工事を完了できました。心よりお礼申し上げます。

hieda

| 竣工物件情報 | 20:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT